家族でおうちかくれんぼ

家族でおうちかくれんぼ

我が家は2LDKのマンションで、狭くもなく広くもないごく普通のマンションです。

もうすぐ1歳になる娘は、部屋の場所や、扉の開け方まで、すでに覚えています。

姿が見えないと耳で音を聞き、ちゃんと居場所をつきとめます。

それをいいことに、昨日夫と私は、音を消して家の中に隠れてみました。

誰もいなくなった部屋に残された娘は、必死で私たちを探していました。

真っ暗な部屋に入って確かめたり、行ったり来たり、一生懸命探していました。

ヒントをあげようと娘の名前を呼ぶと、

急に寂しくなったのかべそをかきながら、声のする私たちの方の向かってきました。

それでもなかなか見つけられず、もう一度名前を呼ぶと、

私たちが隠れていた風呂場へ向かって扉をあけました。

真っ暗なので私たちの姿をまだ見つけられず、最後に声をかけると、

夫の足をギュッと握って、私たちを見つけました。

隠れてごめんねーと抱っこすると、とても安堵な顔をしていました。

こんな幼いながらに、やはり不安に感じたのでしょう。

どこにも行かないよと、笑顔で声をかけてあげて安心させました。

ちょうど1年前、産声をあげて生まれてきた寝たきりの赤ちゃんだった娘が、

ハイハイをして自分で自由に行きたい場所にいけるようになり、

音を聞いて音のする方にむかってこれるようになった・・・。

その成長が、私たち夫婦にはとても嬉しいことでした。

これがまた来年になると、だいぶおしゃべりもしているだろうし、

知恵がついてきて、大変なこともたくさんあるとは思いますが、

将来が楽しみだと、娘を寝かしつけてから夫と話しました。

あっという間の一年で、いい母親や父親ではないかもしれないけど、健康で元気に育ってくれた娘に感謝です。

いつかちゃんとかくれんぼできる日まで、パパとママは楽しみにしているよと、

寝ている娘に話かけ、私たちも眠りにつきました。

今日は、かくれんぼという試練を与えてしまいましたが、娘の成長を確認できてよかったと思いました。

脱毛 埼玉

今日は1日痛かった・・・

私は居酒屋の清掃をやっています。

店舗によって作業の量も違うけど、担当している2店舗は、店舗の端から端まで手をつけないといけないんです。

今日はその1店舗を担当しました。

作業が凄く多くて、いつもバタバタしながら悪戦苦闘!

お店の端から端まで手をつけないといけなく、雑巾でゆっくり汚れを落としてる余裕がないんです。

なのでカスターセットとメニューを拭いてはセット、拭いてはセット、の繰り返し。

あっち向いたりこっち向いたり、あっち行ったりこっち行ったりと、バタバタしまくりです。

で、こっちが終わったから次にあっち行かなきゃ・・・と思って歩き出したとき、

太い柱に肩を「ガツン!」とぶつけてしまい「痛い・・・」とちょっと動けなくなりました。

でも時間が押してたので、痛いながらも拭き掃除を続けてテーブルの上のセットをして・・・はぁ。

食べ物のしみがこびりついてたり、醤油やお酒がこぼれた場所では汚れが酷いのでなかなか進まなくなります。

何とか半分終わったところでお昼になったので、同僚とお昼を食べながら「肩をぶつけたよ」と言ったら、

同僚も「私も頭ぶつけたよ」と言ってお互いに笑っていました。

正直私は笑っていられる痛みではなかったけれど、仕事も終わらせなきゃいけなかったので笑うしかありませんでした。

心配なのは午後です。

これ以上痛みが強くならなきゃ良いけど・・・。

しかし案の定、午後は残りの作業中に痛みで左腕が上がりませんでした。

でもなんとか気合で作業開始!テーブル、小上がり、ルームを全て頑張って終わらせました。

家に帰る途中も痛くって電車の中で肩を押えていましたが、内出血はしてないものの腫れてだけなので病院に行かず。

家に帰って買物に行く前にシップを貼り、なんとか痛みを抑えていました。

前にも掘りごたつに足を踏み外して、膝と股を内出血してしまったときがあったけど、それよりはまだ軽いから安心しました。

今日は痛い1日でした。。。

レクサスRXシエンタ